1. top
  2. >
  3. blog

色のおはなし

lgf01a201307190100

インテリアを選ぶ際に色は誰もが大事にする要素の一つです。インテリア単体で見たとき、その色を気に入って購入したものの、いざお部屋に配置してみるとイメージと違ったり、インテリアが目立たない、逆にお部屋から浮いてしまったという経験はないでしょうか。今回は、まとまりのある空間づくりに大切な色のおはなしをご紹介します。

インテリア配色の黄金比

70:25:5

この数字はインテリアのカラーコーディネートの黄金比と呼ばれる比率です。
内訳は、
床・壁・天井の空間全体の70%を占めるベースカラー
ドア、家具やカーテン・敷き物はお部屋の25%のアソートカラー
照明器具やクッション、インテリアの小物・絵画は5%のアクセントカラー
で構成されています。
この配分にそって色を使用することで空間にまとまりを持たせることができます。

ベースカラー

名の通り、配色全体のベースになる色です。ベースカラーは取り換えにくい部分ですが空間の雰囲気に大きく影響を与えます。それゆえ、他の色との調和が取りやすくクセのない「茶色系統の床、白や明るいベージュ、アイボリーの壁・天井」のお部屋が一般的かと思います。
新築やリフォームでベースカラーに特徴のある色を置きたい場合には、薄めのソフトなトーンにするとインテリアと合わせやすくなります。
また、床から天井に向かって色を明るくすると空間に広がりを感じ、逆に床から天井に向かって色を暗くすると落ち着きがでますが閉塞感を感じます。

アソートカラー

配色のバランスを考えたときに、ベースカラーとアクセントカラーの間を取り持つ中面積を担当する色です。
この色をベースカラーと合わせるか、変化させるかでお部屋の印象がガラッと変わります。
アソートカラーをベースカラーとまったく同じ色にするとインテリアがお部屋に溶け込んでしまうため、
まとまりを持たせる場合でも、ベースカラーとは同じ色系統の中でコントラストを変えるとインテリアが際立ちます。

アクセントカラー

全体を引き締める色がアクセントカラーです。彩度の高い鮮やかな色をワンポイント的に使います。取り換えのしやすい小物インテリアに使用する色なので、気分や季節に合わせてお部屋の雰囲気に変化を付けることができます。必ずしも鮮やかな色、ということはなく、
ベースカラーやアソートカラーによっては白灰黒の無彩色をアクセントカラーに置くことで空間にまとまりを出すことができます。


全体として、ベースカラーやアソートカラーには白から黒の無彩色、柔らかいトーンや暗めの色、鮮やかさを抑えた色を使用し、アクセントカラーにはそれらの色の類似色や反対色で鮮やかなものを使用するとまとまりよくコーディネートできます。
それぞれのカラーは、必ずしも同色でまとめる必要はありませんが、全体で見たときの印象に気を付けてバランスよく使用しましょう。同系色の中でグラデーションになるようにしてメリハリを付けたり、色数が多くてもトーンなどの色調を揃えると全体がまとまります。

空間のスタイル

インテリアの色を決めるには、どんなスタイルの空間を作りたいかというところから決めるとスムーズです。ぬくもりあるナチュラルな雰囲気、くつろげるカジュアルなお部屋、モダンテイストでスマートに…などなど具体的なイメージを空間に持たせることで、自然と使用する色の方向性も決めることができます。
また、リビングやダイニング、寝室などお部屋によって役割が違います。お部屋ごとの役割に合わせたスタイル・色を取り入れることも大切です。プライベートなお部屋は自由ですが、パブリックなお部屋は用途に合わせた配色が必要です。

好きな色を使いたい、今ある色を活かしたいという場合には、どの比率か・どんなスタイルで使われるかに念頭に考えると上手に組み込むことができます。

次回はもう少し具体的に、色のイメージと心理的効果についてご紹介します。
インテリアコーディネートに関する記事を何回かに分けてまとめていきますので、ぜひ素敵なお部屋づくりの参考にしてくださいね。