1. top
  2. >
  3. blog

スカンジナビアンスタイル

お待たせしました!今回から実例をもとに色の組み合わせをご紹介していきます。
はじめに取り上げるのは「スカンジナビアンスタイル」、いわゆる北欧スタイルです。

331c18c736c4b249b41f0034d0189602

北欧は年中通して厳しい寒さの気候のため、家の中で家族や友人とくつろぐ時間を大切にしてきました。それゆえ家具やインテリアに対する関心は高く、デザイン・機能に優れたものが数多く生み出されてきました。北欧といえば椅子をはじめとした木製家具のイメージが強いかもしれませんが、生産面でも合理的な思考を持つことから金属やプラスチックなど大量生産の容易な素材もよく使われています。デザインに関しても、余計なものはそぎ落とすミニマルな考えからシンプルなものが好まれ、結果として北欧のインテリアはの魅力を得ています。

また、照明の使い方と独特な色使いもスカンジナビアンスタイルの魅力にあげられます。
暖炉の火の暖かさ・明るさの中で暮らしてきたために照明にもその温もりを感じるような柔らかな明かりを求め、
日の沈まない白夜があれば日中が薄暗いままの極夜もあるために、必要以上に室内を明るく照らすことのない照明の配置がされています。
また、ほの暗さを紛らわす白い部屋をベースに、自然を彷彿とさせるアースカラーを取り入れた優しい配色が一般的で、時には鮮やかな色も取り入れる演出性の高さも人気のある所以かもしれません。



自然な色使いの中に映える照明や小物の指し色が魅力的です。ナチュラルなテイストながらインダストリアルな素材もしっくりと馴染んでいます。


モノトーンをベースにナチュラルな床と椅子の木部が溶け込んでいます。黒をそれぞれに使うことでインテリア全体のまとまりが出ています。アクセントになっている観葉植物は色だけでなく素材のバランスも取っています。


優しい風合いのキッチン、注目して頂きたいのはダイニングテーブルとチェアの色使いです。テーブルの天板の茶色と合わせたチェアと脚の黒と合わせたチェア、形も色も違うチェアですがテーブルに合わせているため違和感なく並んでいます。


グレーで統一した空間の分け方が上手です。色の黄金比にはまった配色になっており、アクセントカラーは細かく色々な色が配置されていますがグレーがメインのため浮きすぎていません。


赤いソファに目が行くアパートの一室。クッションや家具で白の面積を増やし、床の茶に合わせた
トーンなので綺麗な赤もうるさくありません。赤と相性の良い緑の観葉植物も効果的に配しています。


品を出しつつも気取らない風合いが人気のグレー×ピンクのベッドスペース。クッションとカバーにバランスよくグレーとピンクが配色されています。


こちらはグレーと黄色の組み合わせ。黄色がグレーをはさんでバランスよく配置されているので、暗めの色の床とのコントラストが自然です。


紫に近い青みがかったピンクと茶褐色を抑えめのトーンで上品にまとめています。ラグとクッションのカラーをまとめるスタイルはよく使われます。


くすんだオレンジ色のソファが目を引く全体を白でまとめたワンルームです。ラグの紺色とソファのオレンジが絶妙で、小物や本の色も良いアクセントになっています。


モノトーンに爽やかなスカイブルーが映えるワンルーム。白とスカイブルーの組み合わせが部屋の小ささを感じさせない開放的な印象を与えています。


暖炉の火と赤みがかった黄色のチェアを対称的に配置した面白いアイディアのコーディネートです。


アースカラーで統一しながらもスチールの素材を各所に配置することでモダンな空間になっています。


以上、色使いのわかりやすい例を中心に取り上げました。ご紹介したい例はまだまだありますが、それはまた別の機会に。
シンプル・ナチュラルと良く形容されるスカンジナビアンスタイルですが、その実は素材からコーディネートまで高いトータルバランスで支えられています。もちろん日本と北欧諸国ではライフスタイルが全く違うので、そっくりそのままというのは難しいですが、インテリアのバランス感覚の良さはぜひ見習いたいところですね!