1. top
  2. >
  3. blog

アロマキャンドルを上手にお楽しみ頂くために

トップページの「POT」「Bb」にコンテンツを追加しました。それぞれ店舗で取り扱っている旬なものを掲載していきます。そちらで雑貨とアウトレット家具も徐々に紹介していきますのでお楽しみに!

img_9977

今回追加したPOTの特集ページで、アロマキャンドルを取り上げています。
そこで、アロマキャンドルを最後まで綺麗にお使いいただくためのコツをお話します。

1. 取り扱いについて

  • 不燃性の容器・受け皿に入れ、空調の当たらない安定したところに置いてお使いください。火をつけるときは周りに可燃物を置かないようにします。
  • 保管するときは、日の当たらないところにしましょう。キャンドルを直に家具などに置いておくとくっついたり、汚れる原因となりますので、包装のないキャンドルは受け皿などに置いて保管しましょう。
  • キャンドルにホコリがついてしまったときは、水で濡らした布で芯を濡らさないように拭いてください。
  • 使用後のキャンドルと容器は分けてお住まいの地域に合わせて廃棄してください。

2. 芯のお手入れ

  • 芯が長すぎる場合は火が安定しないので、ハサミで切るなどして0.5~1cm程度の長さに整えておきます。キャンドルの成分や芯の材質などで適切な長さは変わるので、少しずつ切ってその都度火の大きさを確認しながら調節しましょう。
  • 燃え方が偏らないように、芯の位置は中央に真っ直ぐの状態にしておきましょう。
  • 芯の先にできた塊はススの原因となるので、カットしておきましょう。

芯が埋まってしまったときは、容器ごと湯煎してキャンドル全体を溶かし、タコ糸などの芯になるものを中央に差し込んで固めます。

2. 火の灯し方・消し方

  • 先端だけ燃えてしまうことがあるので、初めて火を灯すときは、芯の先端ではなく根元に火を付けてください。次回からは芯がロウを吸ってくれているのでその必要はありません。
  • 一度火を付けたらキャンドルの表面全体が溶けるまで火を消さずにおきましょう。特に使いはじめの時にきちんと表面を溶かしておかないと、ドーナツ状に溶けてしまいます。また、短い時間の点火を繰り返すことも同様です。一度の点火で1時間から2時間を目安にお楽しみください。
  • 火を消すときはピンセットなどで芯をつまみ、表面の溶けたロウに倒して火を消します。こうすることで火を消した時に煙や匂いがたたずに消すことができます。火が消えたらすぐに芯を真っ直ぐに戻しておきましょう。また、芯にロウが残るので次回の点火もスムーズに行えます。

4. キャンドルの取り出し方

  • キャンドルは残り1~1.5cmほどになると交換の時期です。
  • 容器に残ったキャンドルは、お湯を注ぎ、よく溶かしてから冷ますと、固まって楽に取り出せます。溶かした状態で布などに染み込ませても大丈夫です。取り出したキャンドル、布などは燃えるゴミとして処分してください。

気を付けないことが多いように思われるかもしれませんが、芯のお手入れと、一回一回時間をかけてキャンドルに火を灯すことが大事なポイントです。上手に使って最後までじっくりとお楽しみくださいね。