1. top
  2. >
  3. blog

ナチュラルスタイル

インテリアコーディネートのスタイルから、今回は「ナチュラルスタイル」についてご紹介したいと思います。


3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_m-min

ナチュラルスタイルは名前の通り、木をはじめとする自然素材のインテリアをメインに置いたインテリアコーディネートのスタイルです。自然の温もりや安らぎを感じる住居向きの空間が作れるため、世代や時代を問わない安定した人気があります。インテリアで北欧とナチュラルという言葉がよく並べられるように、先日ご紹介したスカンジナビアンスタイルはナチュラルスタイルがベースにある組み合わせが伝統的です。

ナチュラルスタイルでは木製の家具・インテリアを多く取り入れますが、それぞれの木の色味がバラバラだとちぐはぐな印象になりがちです。できるだけ木の種類を統一したり、色味の近いものを選ぶとすっきりとまとまります。色んな木調の家具を取り入れる場合は、それぞれ配置する床や壁のベースカラーに合わせたり、配置やサイズ感、敷き物などで色のバランスを取りましょう。また、金属やプラスチックなどの工業的素材はアクセントとして効果的です。

配色の基本は自然の中にある色・アースカラーです。不自然に目立つ色は避け、自然素材に馴染む配色を心がけるとすっきりとした印象になります。色でアクセントを入れる際は、全体と合わせた浮かないトーンのものを選びましょう。



フローリングと木製家具全体の色味を合わせたシンプルな組み合わせです。余計なものがないので床や家具の木の質感が存分に伝わります。


こちらも先ほどと同様に木の色味を合わせた落ち着きある配色です。照明は壁と同じ白で目立つ色ではありませんが、工業的な素材なのでアクセントとして際立ちます。


ナチュラルスタイルのリノベーションカフェ。スペースごとにテーマを変えてコーディネートされていますが、共通するスチール素材を各所に置き、アクセントを入れつつ全体のまとまりを演出しています。
対比が印象的な2色のソファで囲んだスペースは、空間に合わせて落ち着いたトーンでまとめつつ、床よりも濃い色のテーブルを挟むことでバランスが取られています。                                                      


ナチュラルスタイルらしい優しい風合いの天然素材でシンプルにまとめられたベッドスペース。色と素材の持つ明るく柔らかな印象が素直に現れています。


シャープなデザインの家具、インテリアを配したカジュアルなテイストのリビング。
ソファの木部は床、ファブリックは壁にそれぞれ色味を合わせることで空間に馴染ませています。


造り付けのテーブルのスチール脚に合わせた黒い塗装のYチェアが映えるダイニング。黒は全体を引き締め、モダンな雰囲気を作ることから使用される機会が増えています。


アースカラーでも定番の緑を大きく取り入れたリビングスペースです。それぞれ緑の中でも色味を変えて、のっぺりとした印象になることを避けています。


ナチュラルな素材で和風にアレンジされた洋室。アイデア次第でもとの空間とは違った雰囲気が作れるところも魅力です。

今回は洋室の例を中心に取り上げましたが、日本家屋や和室、注文住宅で近年人気の小上がりスペースのある和洋一体となった空間にもナチュラルスタイルは馴染みます。

ナチュラルスタイルと一言にくくっても、素材の使い方で様々なテイストのお部屋が作れます。まずはご自身やご家族のライフスタイルに馴染む素材をしっかりと考えて、居心地の良い空間を作りましょう。